テーマ:ホイール

フロントハブベアリングロックナット用ワッシャー

フロントハブベアリングを留めるナックルのロックナット用ワッシャーはきちんと溝に引っ掛かって緩み止めになります。 溝に引っ掛かる為の出っ張りが無くなってしまってるものは交換しましょう♪ 丸いワッシャーで代用するのもちょっと心配です♪ 新品を使用していきますね~\(^o^)/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FLタイプ新品ホイール入荷

FLタイプ新品ホイール入荷しました。 外側だけシルバーで他は錆止めのような薄い緑っぽい色です。しかし当時物ホイールのようにサイズなどの刻印がされて造り精度は最近見る新品ホイールの中でも一番良い感じです♪ 数量限定。 必要な方はメールにてお問い合わせください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新品タイヤチューブ

チューブを入れないといけないタイヤやホイールの場合、パンクやタイヤ交換時にはチューブの新品が必要になることが多いです。 最近はタイヤ屋さんにはチューブの在庫はほぼ有りません。 従っていつも在庫をして準備しております♪ タイヤはブリジストンエコタイヤ145ならタイヤ屋さんに常時在庫して頂いております♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

125オリジナルサイズ

オリジナルサイズタイヤの125新品タイヤです♪ 新品とはいえ少し年数経ってしまっていますが、コダワリの選択ですね! 安心の為にチューブも新品に致します。 オリジナルサイズタイヤはこれでラスト!!在庫無しになりました!! ミシュランのさらに古いオリジナルサイズは中古ではありますが、通常使用はせずにあくまでもスペア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤエアー

基本中の基本(笑) でもついうっかり忘れがちなのが、タイヤの空気圧。タイヤエアーですね♪ フロントは特に軽いので2キロなんて入れすぎですよ~ ホイール幅とタイヤサイズで適正空気圧を少し変える必要があります♪ 自分の適正空気圧が知りたい場合はご相談ください♪ 前2キロ後ろ2キロちょい!?なんて本来の乗り心地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤ交換

タイヤがパンクしていてご自身で応急処置をされてから来て頂きました。 実際に見てみるとタイヤは4本ともひび割れだらけでチューブもかなり古そうでしたので全交換となりました。 これで安心して乗って頂けますよ。 ついでに全体的にチェックしてと仰せつかりました~♪ この車両はオートマイスターでは初めて見させて頂く車両にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヤハブベアリング

リヤのハブベアリングは本来は毎回ハブナットを緩める度にクラッシュドセンターカラーを新品交換してナットを締める際にクラッシュドセンターカラーを変形させながらナットを締めて行きベアリングのプレロードが基準に達すると終了して割ピンもしくはカシメをして完了となります。 しかし長い目で見るとセンターカラーのテンションが無くなるとナットはユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィンテージタイヤ

素晴らしいヴィンテージタイヤですね~♪ でもこれで走るには近所くらいにしてください(笑) でもこんなヴィンテージタイヤは飾り用にでも欲しがる方はいらっしゃるんではないでしょうかね♪ しかしこれ125ってなってますが10cmくらいしか無いですが(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロントハブベアリング

フロントのハブベアリングはきちんと組めば結構長持ちします。 きちんと組めばのきちんとが簡単そうで実は意外と難しく、レースを打ち込む前の段階から気をつけてチェックする箇所があります。 ドラムの鉄は意外にも柔らかくて慎重に扱わなくてはイケません。 当たり前ですが真っすぐ入れば良いだけですが真っすぐ入ってないのが多いんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーマルホイールとキャップ

ノーマルホイールに使うホイールキャップは何種類かありますが、ノーマルホイールキャップは飾りだけでは無いんですね~ ホイールボルトの頭を押さえるようになっていて立派な緩み防止になっています。 キャップとボルトとが微妙な隙間があると走行中にビビリ音も発生します。 キャップ裏にビビリ防止でボルトを押さえるようにスポンジかゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアー漏れ

何年も前から冬の間は空気が減るんですよ~と聞きつつ車検で預かる6月頃は全く漏れ無くずっと原因判明せずに来てました。 今回早めに預かり原因を調べると聞いてた通りバルブの付け根から漏れてます。 タイヤを外してバルブを取りましたらパッキンが千切れてるのより真っすぐな筈のバルブが変形していてしかも締め付けるナットのネジが舐めていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスクブレーキとスチールホイール

かなり昔から手に入った500用フロントディスクブレーキキットはアウトビアンキA112用をローター径小さく加工してキャリパー、キャリパーホルダーも一部カットするなど加工して12インチホイールに使えるように海外で売られておりました。 今回500R用スチールホイールに当てがってみるとホイール裏側のリブにガッツリ当たるのでこの組み合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初期型ホイールリフレッシュ

貴重な初期型ホイールをリフレッシュしております。 リプロ新品のFL用ホイールが二本くらい買える手間がかかりますが(笑)ブラストして錆びと古い塗料を落として、サフを入れて塗装していきます。 そして使用するタイヤはミシュランのXZX125SR12で決まり! しかしタイヤは古いのであくまでもスペア用でお願いしますね! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンダーとホイールの微妙な位置関係

フェンダーとホイールの絶妙な位置関係は本当に難しいですよ~♪ 理想的な見た目にすると実際走るとフェンダーに擦れるなんて事になると気持ち良く乗れませんからそれではダメです。 ちゃんと乗れる範囲でちょうど良い所・・・まぁ~難しいですO(≧∇≦)o 違うホイールをあてがうと今までのより9mm奥に入ってしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイールボルトとドラムボルト

ホイールボルトはノーマルタイプドラムにスチールホイール(ホイールキャップ無し)用のクロームメッキ六角穴ボルトタイプ。 ドラムボルトは通常の六角ボルトタイプ。 どちらもSCM435と言う高強度タイプです。 装飾という一面もありますが、痛んだボルトを使用し続けるとボルトの欠損だけでなく相手側までも傷めてしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイールリペイント

FIAT126に使用予定のスチールホイールをリペイントしました。 当たり前ですが、缶スプレーとは比べものにならない素晴らしい仕上がり(笑)塗装のプロに塗ってもらいましたから♪ シルバーとひとことで言っても塗料に混ざるキラキラしたフレークの大きさも何種類もあるのです。缶スプレーなど安く手に入るシルバーはこのフレークが大きく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイールPCD

こんなことはノウハウでもなんでも無いので万が一困ってる方がいらしたら解決のヒントになればと思います。 症状としてはブレーキを踏むとブレーキペダルにガタガタと振動が伝わってくる現象です。 それはタイヤの回転の一回転に2回以上ガタガタと小刻みなレベルなものです。 原因はブレーキドラムのホイールボルト部の締め付け時の歪みに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

危ないホイール

タイヤがダメなので交換~と、よく見るとホイールが大変な状態でした! これはもう使えません! 中古のホイールを使用しておきます~ チューブも交換が必要でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じタイヤでも

タイヤはブリヂストンスニーカー145/70-12。 同じタイヤでもホイールのリム幅が写真左が3.5J、右が4.5J。タイヤの広がりかたが違うので太さまで違うように見えます。 見えるだけではなく乗り心地も全然違うのです。 同じ車重だとしても空気圧も変えて使用するように設定するくらい違う状況になります。 面白いです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アルミホイールキャップ

ホイールキャップ?ホイールカバー?まぁなんかそんな感じです(笑) 形状はDFタイプには写真のアルミ製とステンレス製があり、Lタイプ用は形状違いのスチールにメッキタイプと3種類現在手に入ります。 リプロですが、まあまあ綺麗で問題無いでしょう! 今回はアルミ製DFタイプを使用致します~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハブベアリング交換

これは126後期のフロントハブベアリングです。 500のフロントハブベアリングはドラムと一体になっていますが、これは別になっていますのでドラムを外してもハブベアリングは触らずに済むので、案外長い期間手付かずと言うパターンが多いですかね。 ゴーって異音の初期症状が出ているので、ベアリング一式交換致します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミシュランXZX

使用可能なミシュランXZX125SR12タイヤがスペアも含め5本揃いました。 今後もう一度揃えるなんて事はかなり難しくなるでしょう。 懐かしいタイヤです(笑) 今でも銘柄違いで手に入るこのオリジナルサイズの125SR12をこだわる方がいらっしゃっいますが、私のアドバイスとしては、現代の交通事情を周りの車と同じように走ろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイールリフレッシュ進展

ホイールのリフレッシュはスペア含め5本共、ブラスト処理して古い塗装や錆を取り除きましてプロの塗装屋さんに塗ってもらいます。 簡単に補修する時は私が塗装したりしますが、ここまでキッチリ仕上げようか!と言う時は仕上がりの塗りもボディ並に綺麗に仕上げてしまいましょう♪ もう少しです!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイールリフレッシュ続き

ホイールリフレッシュは次にブラスト処理して錆びを落とします。 古いホイールでしたが、鉄自体は酷い錆びもなくかなり良い状態でした! このあと5本ともスッキリさせます~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイールリフレッシュ続き

ホイールのリフレッシュの続きです。 まずはおおまかにペイントや付着していたイロイロなモノを剥がします~ ここからブラストしてさらに綺麗にして下地準備をして行きます♪ 下地が大事ですからね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホイールリフレッシュ

今や貴重な初期型スチールホイールのリフレッシュをします。 キャップを付ければ外からはわかりにくいのでFL用の新品を使うほうが安く済むのに、ここはオーナー様のゴタワリですね♪ 写真は4本ですが、スペアも含め5本をブラストにて錆び落としから塗装屋さんにてキッチリ塗ってもらう段取りです。 タイヤももちろんノーマルサイズにて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンダーとタイヤ

アルミホイールまたはノーマルではないスチールホイールもみなオフセットは様々でタイヤとの組み合わせではフェンダーにギリギリになったりします。 しかもこの車両は左右でフェンダーの折り返しの形状が違います。写真の形状は近年の新品パネルの独特な形状で本来こんなタイヤに向いて攻撃的な形はしていません。少し鈑金して本来の形状にしてタイヤを太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイヤ偏磨耗

リヤタイヤの偏磨耗のチェックです。 普段の設置状態が思いのほか車高も低く、キャンバーとトーがスリップを打ち消すのとは逆の方に振れすぎですからタイヤは偏磨耗して仕方ない状況でした。本来ならドライブシャフトとの兼ね合いもあるのでベストな調整は意外に難しいのですが、今回はアライメントをベストに調整出来る対策を施しますから、ほぼ改善出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラムボルトとホイールボルト新調

ホイールボルトはまだマシですが、ドラムのボルトがずいぶん痛んでおりました。 ボルトの頭にFIATという文字の入ったボルトは惜しいのですが、足回りの重要な箇所のボルトです。 痛んでるボルトはねじ山が傷ついて相手を痛めます。そして伸びてます。最後折れますので、非常に危険です。 ドラムのボルトはほぼ新車当時からそのま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロントハブベアリング早期異常原因

フロントハブベアリングの早期異常原因がベアリングレースを抜くと見えました。 以前のベアリング交換時に叩いて抜いた為にドラム側に出来たバリを綺麗に修正せずに新品のレースを圧入した時にバリが潰れ切らずに挟まってしまっていました。本当は一番奥まで入らないとイケないのに潰れたバリの上で収まってしまっていました。これではベアリングレースが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more