テーマ:ミッション

ミッションセレクトレバー加工

ミッションのシフトリンケージの繋がる外に出ているセレクトレバーは110型から126の初期まではオーリング1本タイプです。 1本なんで早くにゴムはヘタリ、オイルはどうしても漏れやすいのですが、126中期からはオーリングが2本になります。 ですので、110型のもオーバーホールの際は加工して2本にします♪ 2本のほうがアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッション完成

ドライブシャフト交換とリフレッシュしたミッションが完成しました。 デフのバックラッシュはずいぶん狂っていました。 長持ちしてくれるようにきちんと調整して組みました~ ミッションはたくさんの調整箇所があります。バラして洗って元通りではだめですよ~。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブシャフトピン調整

ドライブシャフトは単に交換で調子良く治ったのは10年前の話しです。 現在のリプロドライブシャフトはピン側も要チェックと調整が必要です♪ どんな調整かは……ですが(笑)異変があればそれの調整をあらかじめやっておけばっていうそんな感じです♪ シムやウェーブワッシャー、時にはプレスも必要です。 しかしこんなとこまで微…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブシャフトお役目御免

ドライブシャフトのスプラインが磨耗して、いよいよミッション分解しての交換となりました。 先にすでにスリーブ側が舐めてスプラインが空回りして走行不能になるんですけど~《*≧∀≦》 近年のリプロパーツは品質精度が足りなくて特にドライブシャフトのスリーブとジョイントが芯が出ておらず、何回修理してもスプライン舐めの地獄からは逃れら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッション分解洗浄

ミッション内部の点検は綺麗に洗浄してからになります♪ 綺麗にしないとギヤの歯の状態の判断は出来ません(笑) しっかりピカピカにしました♪ ベアリング等、消耗品はもちろん交換します♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションオーバーホールをします!

ドライブシャフトの交換とベアリングの交換、その他各ギヤの状態の点検そして必要なら交換とオーバーホールを致します。 中の状態がどうなのか?掃除して組むだけは意味がありません。 1速ギヤも新品を使用していれば、しっかり回転上げて1速を使って走っても全然問題ありません。 傷みの酷いギヤは音も酷く煩いのですが、新品1速を使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッション完成

ミッションオーバーホールしてドライブシャフトを新品に交換しました。 そして今回のメインイベント♪CVジョイントに変更します。 これでスプライン舐めの心配が無くなります~\(^o^)/ 走りまくってくださいね~♪ 他の定期メンテナンスは忘れずに\(^o^)/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションオイル漏れ

ミッションのオイル漏れでもこの先端からかなり漏れてるの多いです~ すでに1本しかないオーリングがヘタっていたら漏れるのは避けられないですが、同じ構造で改良されてる126の中期頃の改善点を500にも取り入れます♪ 溝を2本にすると格段に長持ちします♪ ちょっとした面倒な手間ですが、知ってるか知らないか?実践するかしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフサイドベアリング

デフのサイドベアリングはプレロード調整と同時にピニオンシャフトギヤとのバックラッシュ調整で動かすのでミッション分解時は重要なところです♪ 難易度もかなり高い箇所です。 バックラッシュ調整は必ず行います♪ シフトチェンジでガリガリ言わせて無いのに、ミッションオイル交換時に鉄粉だらけになってませんか? どこが原因か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヤハブベアリング完全リフレッシュ

最近の大掛かりなメンテナンスの入庫のほとんどがリヤハブベアリング廻りの完全リフレッシュメニューがあります。 リヤハブベアリングはきちんとプレロード与えて組みつけるとかなり長いスパンで次のメンテナンスまで期間がある筈の箇所です。 私自身の500は10年10万キロは余裕で持ちました。 プレロードが不完全で乗るとハブベアリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションオーバーホール

ミッションオーバーホールをします。 真っ黒に汚れたミッションをまずは分解して綺麗に洗浄します。 バラシながら各部チェックも欠かせません。 かなりあちこちユルユルな組み方でした。 ダメージは少ないので良かったですが♪ 酷くは無いですがローギヤ三点キットは交換したほうが良さそうですね。他にベアリング類とドライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブシャフトジョイント

ドライブシャフトジョイントを標準の物からCVジョイントに変更です♪ もうオートマイスターにてのCVジョイント変更車両も軽く10台を越えて増殖中です♪ 安心して長距離を走りたい方や年間走行距離の多い方にはオススメから標準化になりつつあります!! CVジョイント変更する際はリヤハブベアリングを理想的な組み方をするとかなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションオイル交換

今日は初めて見させて頂く車両の試運転各部チェックとミッションオイル交換をさせて頂きました。 抜いたミッションオイルは見事に真っ黒で量も少なくなっていました。 ミッションオイルは私自身が使って納得のオイルを使用させて頂いております♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションマウントゴム

ミッションマウントゴムが見事にひび割れだらけです。 剥離もしてるようですね。 これは交換しかありません。 しかし新品部品はそのままは使わない代表例のリプロパーツですから、本来のオリジナルの形状に調整して使用致します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションオイル

オートマイスターで使用しているミッションオイルは現在このNUTECの高級オイル一種類になっております。 それは私自身があらゆる条件でテストを繰り返して他の何種類ものオイルとも比較して空冷2気筒のフィアットとの相性も含め一番長持ちと高性能を維持してくれるオイルと判断して自身でも愛用しているからです! 価格は安いオイルと比べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライブシャフトの交換の為に

今年はドライブシャフトのトラブルの解決策の作業がずっと続く一年でした。 一度対策したらもう長い期間大掛かりな作業はしなくて済みます~\(^o^)/ 壊れて修理と言うサイクルが大きく伸びるので、私の仕事としては減りますが、オーナー側の立場だと駆動系のトラブルは少ないほうがありがたいですよね。 私だったら無駄な出費が減れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローギヤ三点キット

ミッションのローギヤ三点キット。酷く傷んだローギヤですね。 発信時にギヤが抜けるのはもちろんですが、1速で走ると異常な甲高い音がするのは、ローギヤが傷んでいます。 新品のギヤは妙な音は鳴りません。ごく普通な感じで走れますし、1速で高回転まで引っ張っても簡単には傷みません。 ただしミッションオイルは少ないですから良いオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションインプットシャフトのオイルシール交換

ここのシールが硬化してオイル漏れしてると下のフライホイールカバーにミッションオイルが溜まります。 ここのオイルシールは向きと奥まで入れる位置が重要です。 交換時にオイルシールが非常に外しにくく難しいです。 なるべく本体にキズを付けない様に工夫できるまでに少し慣れが必要だと思います~~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフのバックラッシュの調整

ちゃんとデフのバックラッシュの調整してますか? 写真はあくまでイメージです。調整時の位置関係を解りやすく撮影しました♪ ミッションをバラすと元の位置に同じように組んでもバックラッシュは変わります。 毎回バックラッシュを測定してサイドベアリングの左右位置で調整します。ピニオンの軸方向の出具合はピニオンに製造時にケガキで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デフサイドベアリング交換

デフのサイドベアリングの交換です。 ここに限らずベアリングの座る面はまったいらなのが当たり前ですが、叩いて外してしまうとバリが出来ます。バリは修正してベアリングを圧入しないとベアリングが斜めになってしまいます。 今回もベアリングがきちんと座ってなかったです。 デフサイドベアリングは車の左側すなわちリングギヤ側は力が掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レリーズベアリング

レリーズベアリングはどうやってもエンジンを降ろさないと交換は出来ません。 エンジンを降ろした際はベアリングをチェックして交換した方が得策かどうかをきちんと判断するとベストですよね♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションオーバーホール

ミッションのオーバーホールです。 ドライブシャフトが舐めてしまったミッションで前にいつメンテナンスをしているか把握出来ないミッションでしたので、しっかりとオーバーホールもすることになりました。 この車両のエンジンはパワーもかなり出ていますのでジョイントもCV化して強化+長持ちにグレードアップしていきます。 ちなみにミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シフトリンケージリフレッシュ

シフトリンケージのブッシュが砕けてグラグラに。 恐らくグラグラだから無理にガチャガチャ動かしてシャフトのカラーも割れてズレテ操作不能になったと推測出来ます。 修理するときはいつも何故壊れたか?を考えます。経年劣化でもどの順序でそうなったかを考えると今度はそうなりにくい案が思い浮かびます。一工夫で対策出来るなら自動的にしてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションサポートにジャッキ×

ミッションサポートにジャッキは掛けないでくださいね!! このサポートメンバーはジャッキアップする場所ではありませんし、上げると変形します! このサポートメンバーは上から吊り下げる設計なので下からジャッキアップしてリヤの重さを掛けると実は簡単に変形します。 変形するとアイドリング時の振動が変わったり、シフトチェンジ時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とあるミッション完成!

頼まれていたミッション完成!! 装着まではまだ少し先なのでホコリかぶらない様にグルグル巻きにして保管しておきます。 次はエンジンの下準備です~~♪ 少し先ですが楽しみですね~~♪♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シフトダンパーゴム

シフトリンケージのミッション側の継ぎ手ですね。 エンジンミッションが振動してもシフトレバーが直接影響受けにくいように間にゴムがサンドイッチされております。 そのゴムが劣化して役目を果たせなくなってきております。 こうなるとシフトの感触はブニョブニョ感が出てカチッと感は無くなって来ます。最悪ゴムが剥がれてシフト操作は不可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラッチ3点キット

クラッチのセット交換はAP BORG&BECK製のセットが適切な踏み心地で信頼性が高いのでこればかりオートマイスターでは使っております♪ 無印のクラッチよりは高価ですが違いは歴然(笑) 半クラがしにくいとか、クラッチペダルが妙に重いとか、急にガクンと繋がるとか… AP BORG&BECKのクラッチはごくごく普通の感覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強化型クラッチディスク

よくクラッチの強化型と言うのですが、500系でよくある間違いが6つあるスプリングがあることで強化型と言われたりしていませんか? 500のノーマルディスクにはこのスプリングすら無いシンプルなディスクが標準だからそう思われても仕方ないでしょうか。 実際にはこのスプリングはクラッチを繋いだ時の衝撃を和らげるダンパースプリングと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シフトフォークレバー

シフトフォークレバーですが何がどうなったかわかります? 126中期まではOリング一つでどうしてもオイル漏れが防げません。 最終型のオイルシール式になるまでに純正でOリング2本式に変更されてます。 そこで110型にも使えます。 少し奥に溝を掘りオイル漏れ対策と軸振れによるケースの磨耗も防げます♪ ひと手間ですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った新品パーツ

ミッションの中の重要なパーツですが。 新品で入荷したんですが・・・ちょっと寸法が大きくて入りません(汗) あ、あの~~こんな部品がすんなり入らんって・・・ こんなんちょっと削ったらとかそういう問題じゃないでっせ~~~ もう~~困ったなぁ^^ ほんまに^^
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more