テーマ:ステアリング

キングピンオーバーホール

キングピンオーバーホールが完成しました! 重要なところの変な磨耗やガタは無く、ピンとブッシュの打ちかえとよりグリスが綺麗に廻るのを願って上にもグリスニップルを追加しました。 試しにグリスアップしてみると下はやや廻りにくいのですが、上下からきちんとグリスが湧き出てる(笑)のが確認出来ました♪ ニップルから入れて必要なと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キングピンオーバーホール

ステアリングナックルのキングピンオーバーホールです。 見かけだけオーバーホールではなくしっかりオーバーホール出来るかどうかはしっかりばらして洗浄して測定しないといけません。 バラすまでは出来ましたから洗浄して…どうかですね!! ちなみにほぼ100%すでに1度オーバーホール過去にされてるナックルばかりです。1度ならず2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイロッドブーツ

ステアリングタイロッドのブーツ破れで交換です。 雨の日や砂地の道を乗らなければ、車検時以外は少しくらい破れていても大きなトラブルには程遠いですが、何かの機会にはブーツの交換をしておきましょう♪ 今回はブーツを国産品で行ってみましょう♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キングピンオーバーホール番外編

キングピンのオーバーホールでキットに無い部分のオーバーホールです♪ このナックルとキングピンの嵌め合いに少しでもガタがあるままキングピンオーバーホールキットにあるブッシュの打ちかえだけで組んでしまうと、取りきれないガタが残ります~ そのガタがこの部分になります。 芯を出して大きくして小さい穴のブッシュを打ち込んでキン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイロッドブーツ交換

ステアリングタイロッドのブーツ破れによる交換です。 少々破れても中に砂や水が入らなければ、慌てる事はありません。 あまり長い期間放置しなければ大丈夫です♪交換する際はグリスをしっかり補充して組つけます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強化キングピン完成

ステアリングナックルの強化版です~♪ 通常の使用状況だとこれは必要ありません(笑) ハードな使用状況の車両もしくは、どうしても強化したいと言う方向けになりますね♪ グリスニップルも車両前側から作業出来るようにと上下2ヶ所に変更して欲しい内部にきちんとグリスが廻るようにしました。 理想的なグリスの出方になりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペシャルキングピン

キングピンは今まで強度不足を体感した事が無かったのですが、激しい!?走行によりキングピンが折れるトラブルが発生しました。該当車両はまだ1台(笑)ですが、対策を考えます♪ 構造的に古い設計のままですが何度でもリフレッシュ(丸ごと交換せずに)出来て費用も最小限に抑えるならやはり大掛かりな改造ではなくピンその物の材質を見直すのがベスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発掘したものを綺麗に♪

アルミなんでその後の表面長持ちを考えるとブラストはしたくありません。 手洗いブラッシングでここまで綺麗になりました! アルミは表面を酸化被膜で覆っておかないと極端に腐食します。ですから表面を一枚削ってしまうブラストは塗装するパーツ以外はオートマイスターでは行いません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発掘調査の結果(笑)

地道な発掘調査の結果、ステアリングギヤボックスと判明しました(笑) 誰も手を付けてない当時物パーツ。ようやくこれから分解してオーバーホールして行きます。 さて、何か出てくるかな~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化石発掘(笑)

次のステアリングギヤボックスは恐らくは新車から一度も外されて無いのかもと言うくらいの堆積物です~ シャシーブラックも付いてるのかと思いますが、油の滲んだ上に土が堆積したみたいで粘土みたいになってます。 ホジクリ隊が良い仕事してくれてます♪ すぐにアルミの銀色が見えて来ました。 恐らく内部にオイルは無いでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングギヤボックス取り付け

写真はようやくパーツが揃い、初期型110ボディに後期型110Fステアリングギヤボックスを取りつけたものです。 初期型と後期型ではギヤボックスが付く形状も僅か変化しているのに取り付け+シャフトの位置調整の為にシム調整をしている時に確認できました。 やはり初期から徐々に進化して日常に使用するに耐えうるようになって行ってる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ステアリングギヤボックス

ステアリングギヤボックスの分解には専用工具が無いと傷付けず綺麗に分解するのは困難かと思います。 ベアリングのプレロード。 セクターギヤのバックラッシュ。 小さいながらきちんと出来ています(笑) しかしオイルシールがダメになってオイルレスで何年も使われてるケースが多いので、きちんとオイルが入っていればそうそう磨耗する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイロッドブーツ

タイロッドブーツはなぜにヒビ割れ起こるの早いのか?(笑) まぁたまたまなのか・・・ なんなのか。 破れていたら交換するのもちょうどグリスアップのチャンス到来なのでイイのですが、もうちょい長持ちして欲しいですよね~♪ 代わりに国産ブーツを使ったり輸入品ブーツを使ったりイロイロ試してみてますが100点満点の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングアイドラーアーム(純正ブッシュタイプ)

ステアリングアイドラーアームのリフレッシュです。 ステアリングアイドラーアームのゴムブッシュは無理なネジレを強いられつつブッシュの役割も担っているので消耗がとても早く交換時期がすぐに来てしまいます。 今回のは過去にブッシュの代わりにゴムホースを代用して応急処置してあったみたいです。 本来このブッシュはアームとガッチリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左右でステアリング切れ角が違う

試運転の段階で左右のステアリングの最大切れ角が全然違うなぁ~と。 思っていましたら、やはりタイロッドのIN.OUTが逆に付けられていてたまたま左に切った時にセンターロッドとタイロッドのクランプがぶつかって、それ以上切れないので左右で切れ角が違っていました。 当たってブーツも破れていますね~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングコラムスイッチ新品分解

新品のステアリングコラムスイッチですが、ウインカーの左が引っ掛かって動きが固いものがあります。 これまでは申し訳ありませんが新品をそのまま装着しておりました。私自身の経験から使っているうちに少しマシになり慣れて気にならなくなる傾向にありましたから(>_<) しかし今回は新品部品を分解して原因を判明させて、対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングギヤボックスリフレッシュ

ステアリングギヤボックスのリフレッシュです。 磨耗したり消耗したところを新品なり完全に復活させる事が出来ればオーバーホールと言いたいですが、残念ながらひとつ現在手に入らないパーツがあります。 真鍮色したインプットシャフトウォームギヤが磨耗すれど手に入らないパーツで、いつかリプロでも再販してくれるまでは可能な限りのリフレッシュと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングコラムスイッチ交換

ステアリングコラムスイッチの交換はステアリングシャフトごと外して行います。 シャフトを外さず無理にぐいっとはダメです。ステアリングギヤボックスのシャフトがスチールより弱い材質なので負けて曲がっちゃいます。 あとステアリング裏にあるセルフキャンセル用突起とコラムスイッチ側のセルフキャンセル用爪の位置関係もステアリングコラムホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングタイロッド一式

ステアリングタイロッドとセンターロッドのボールジョイント部はガタが発生してしまうと修理はしません。 強引に修理しても長持ちはしませんから交換しか無いですね~♪ ブーツの破れのみならば交換でいけます。 最近のリプロパーツの中にはブーツが従来のカシメ式からバンド式に変わっているタイプもあります。 バンド式なら国産の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ステアリングアイドラーアーム

ステアリングアイドラーアームの上下にあるブッシュのゴムとカラーが空回りしてガタが発生してしまいます。 新品時はゴムとカラーがくっついてますが、この部分がハンドルの自動戻りとは一切関係ありません(笑) ステアリングの自動戻りはステアリングナックルのキングピンとタイヤの位置関係と角度が関連あります。 半永久的にガタが出ないのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングナックル

ステアリングナックルのキングピンのガタはオーバーホールキットでは治せないケースも良くあります。 微妙な寸法の兼ね合いなので納得行くオーバーホールをするには結構手間が掛かる場合がありますね~ 力が掛かる箇所にきちんとグリスが回るように組み付けるのが、良いオーバーホールの基本になります!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングギヤボックス完成

ステアリングギヤボックスのオーバーホール完成です。 幸い重要なパーツはダメージなくいつもの作業で順調に完成しました。 外側も先日の土まみれからピカピカになりました~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングギヤボックス

ステアリングギヤボックスの一番磨耗して交換したいパーツが手に入らないのはご存知でしょうか? ここ数年はリプロなり新品パーツを見たことがありません。 これは110F型の話で126型はまだ新品ギヤボックスが少ないながら手に入れる事が可能ですから安心です。 110F型のリビルトギヤボックスは?となりますが、そうなんです。そのパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリング関連

ステアリングギヤボックスからセンターロッド、アイドラーアーム、タイロッド。 全てスッキリリフレッシュします。 ガタの過大や固着などロッド類は修理出来ないので交換になります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナックルスピンドルのガタ

今回はキングピンブッシュのガタでナックルがガタ付いていたのではなく、バラシて見るとナックルスピンドル側のキングピンが通る穴が磨耗してガタ付いていたのでした。 しかしそこはロールピンで固定するところで回転はしません。長年の荷重の掛かりで磨耗してくるのでしょうか? スピンドル側が磨耗してしまうと一度大きく掘ってブッシュ入れして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外品ステアリング用ボス

モモなど外品ステアリングを装着する時に必要なボスですが、オールアルミの細身のタイプはまだマシな造りですがゴムカバーが付いてるタイプはウインカーセルフキャンセル用タブの造りが非常に悪い物が多いですね~ 悪い造りのまま使用してウインカーセルフキャンセル装置のコラム側の仕組みを壊してしまってウインカーを出しても自分の手で戻すのが必要な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ステアリングタイロッドほか

ステアリング関連のタイロッドとセンターロッドの交換と一部ブーツ交換です。 最初はブーツ交換で行けるかと思っておりましたが、センターロッドとタイロッドの一部にガタが発生しておりました。 ガタが発生していると走行中小さいですが余計な異音が出ております。 ハンマーで叩いたり、グリス詰め込んだりしても何の解決にもなりません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングギヤボックス

ステアリングギヤボックスを完全分解致しました。 ステアリングギヤボックスの全バラ写真ってあまり見かけませんね~♪ 綺麗に洗浄清掃して点検して交換部品は交換しますがステアリングギヤボックスの中の消耗する部分で手に入らないパーツもあります。 精度の良いニューパーツ作ってくれないかなぁ(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリングタイロッド

ブーツが破れて相当長い期間そのままだったようでグリスっけも無くなっていたステアリングのタイロッドとセンターロッドを取り外して点検してみると、ボールジョイントがやはり手で簡単に動く状態でした。 こうなるとグリス詰めても本来のものにはなりませんので丸ごと交換すべきです。 今回はすべてにガタが発生しておりましたので3本とも全て交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステアリング舵角過大

ステアリング舵角の過大の原因のひとつはステアリングナックルのストッパー部分が何度も擦れて磨耗してしまっています。 ハンドルの切れ角が多いと小回り出来て良いように思いますが、タイロッドブーツが本来当たらないところが接触して破れるなど起こります。 またはローダウンしてハンドルの切れ角を減らしたい時もこの修理方法が活用出来ます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more