テーマ:ブレーキ

フロントハブベアリングロックナット用ワッシャー

フロントハブベアリングを留めるナックルのロックナット用ワッシャーはきちんと溝に引っ掛かって緩み止めになります。 溝に引っ掛かる為の出っ張りが無くなってしまってるものは交換しましょう♪ 丸いワッシャーで代用するのもちょっと心配です♪ 新品を使用していきますね~\(^o^)/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国産インナーキットの2年後

2年前の車検時にホイールシリンダーに国産インナーキットを使用したフィアット126の気になる2年後の国産インナーキットの状態の確認です♪ 街乗りからワインディング、ミニサーキットまで元気いっぱい走っていらっしゃいますからなおさら国産インナーキットのその後が気になります♪ 確認しましたら~もちろん組んだ2年前となんら変わらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BC(ブレーキクラッチ)ペダルリフレッシュ

ペダルアッセンブリのリフレッシュです。 グリスっけは全く無くカラカラで磨耗してガタガタでした。 リフレッシュしてスッキリですね♪ 1度リフレッシュしておけば次はもう忘れたくらい先の時期でしょうか(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペダルリフレッシュ

クラッチペダルとブレーキペダルの一式のリフレッシュです♪ ブレーキペダルはクラッチペダルのシャフトの上に付いてますからクラッチペダルがガタガタに動くとブレーキペダルも一緒にガタガタ動きます。 ブッシュはプラスチックなので磨り減ってしまうとどうしようもありません。 新品に交換してグリスアップしてリフレッシュして行きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキドラム

ブレーキドラムは長い目で見ると消耗品と考えます。 ブレーキで少しずつ削れて行きますから磨耗限界を越えると交換の必要があります。 しかし最近はブレーキドラムにも数種類あるようで中には少し寸法的に問題な品質の物もあります。 そう言えばドラム変えてから…なんて場合はドラムに問題があるかもですね~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッキシリンダー

せっかくメッキホイールシリンダーを装着するので綺麗ではないブレーキバックプレートを綺麗にしましょう♪ 汚れとグリスと錆を落としてペイントします。 綺麗になったら組み付けて行きます。 スッキリしました~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキパーツフルメッキ+国産インナーキット

ブレーキパーツを錆びにくくそして液漏れを起こしにくく日本製ゴムや国内でわざわざメッキ加工したパーツ一式です。 最上級バージョンですね!! オーナーならブレーキは出来れば長持ちしてほしい♪乗っても乗らなくても長持ちして欲しい♪ 私なら普通にそう願います。 2年毎にブレーキ交換とはサヨナラ出来るのが、500乗りである私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイドブレーキレバー不調

サイドブレーキレバーの引っ掛かりが甘く引いて少しの力で下に戻ってしまう症状です。 少し磨耗しているのもそうですが、噛み合わせの位置が少しずれているのも原因でした。 機械ものは交換とかでなくなんとか修理出来るもんです。 現物を修理して治しましょう♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキフルード総入れ替え

ブレーキフルードは2年の検査毎には総入れ替えをしたいですね。 総入れ替えとは言っても完全に100%は不可能ですが、限りなく100%に近いレベルで入れ替えをします。 先にリザーブタンクの中身を上から抜き取ります。そしてタンク内を新フルードで満たしてから下から新しいフルードが出るまで抜いて行けばほとんど綺麗になりますね♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国産ブレーキインナーキット

輸入品のインナーは○○○もんです(笑) 2年以内でフルードが漏れてくるとか交換ってオーナー側からすると辛すぎです。 なんとか長持ちしないかと考えたのが数年前。しかし国産車のホイールシリンダーなら条件がよければ10年以上、廃車になるまで一度もホイールシリンダーを開けることなくって言う車を何台も見てきました。 そこで国産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルメッキシリンダー

フルメッキバージョンの注文頂きました! メッキはこちら日本での追加加工となります。 ブリーダープラグやマスターの特大ナットも同じようにメッキしてあります。 外側より特に内側のメッキをより綺麗に仕上げてもらってます♪ 目指すは錆びずに長~く使えるホイールシリンダー♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキ調整など

ブレーキシューの初期調整やハブベアリングのプレロード調整とカシメをフロント、リヤの4箇所行いました。 この車両はオーナー自らレストア作業なさってる車でボディの仕上げでもお手伝いさせていただきましたが、今回ハブベアリングとブレーキ調整をまたまたお手伝いさせていただきました。 もちろんまだエンジンも積まれてありませんから動きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイドブレーキワイヤー

サイドブレーキのワイヤーはそうそう伸びません。それより他の原因で調整代がギリギリになってたりして新品に交換してもいっぱいいっぱいになってしまうんですね。 本当は少し短めのワイヤーが手に入ればちょうど良いのですが、そうはなかなかうまくいきません。 新品に替えても・・・あれ??ってなったことある方も多いかも~~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキメンテナンス

車検の時にも作業しているのですが、普段からブレーキを酷使する状況だと車検ー車検の期間は持ちません。 ドラムを開けるとブレーキダストも凄かったです。 サイドブレーキもユルユルになってましたので調整しておきます~♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R126型ブレーキスイッチ

500Rのブレーキスイッチは126と同じペダルの上に付いてる機械的オンオフスイッチです。 110型はマスターシリンダーに付く油圧式スイッチなので全く違います。 今回はブレーキ踏んでも点かない状態でスイッチ不良でした。 一去年にレストアした車両でしたがその時は全ての部品を外してのレストアだったのですが、スイッチを良く見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナルフロントディスクブレーキ

FIAT PANDA等のディスクローターを無加工で(500用として売られてるのはこれらのローターを小さく加工されてるのやかなり小さいのが多いです)使用し、キャリパーを最新国産軽自動車の流用(ホルダーやキャリパーが小さい)で仕立てたオリジナルディスクキットは現在コルサ号にてテスト中です。 空冷500のブレーキはフロン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブレーキパーツフルメッキ準備完了

ブレーキパーツの錆やすい鋳鉄のケースやブリーダープラグなどをフルメッキ処理する準備が完了です。 一度にたくさんは無理なので定期的にちょこちょこと専門メッキ業者にお願いしております。 このメッキはクロームやネジ類にするメッキとは少し違う内部や内側も均一に掛かる無電解ニッケルメッキであり一昔前なら少し高級な(普通車以上)ブレー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フロントハブベアリング

フロントのハブベアリングのアウター側は基準寸法同じでも打ち込みレースの内径が広いタイプがあります。 ドラムの内部構造内径より一定より小さくないとプレスで打ち込むは良いが次に外す際に外せないって状況がたまに存在するようです。 外す時の事を考えてからきちんと装着出来るようにしていきます。 時にはプーラーの爪が引っ掛かるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルメッキブレーキパーツ装着の2年後

フルメッキブレーキパーツと国産インナーキット、オリジナルブレーキシュー、ドラム一式新品、ステンレスメッシュブレーキホースとブレーキ関連はこれ以上無い最高の組み合わせで2年が経ちました。 走行距離は少ないですが冬場雪も積もる地域ですから経過を確認です♪ 全くもって組んだ2年前となんら変わらず~♪ フルメッキに国産イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前回検査時に国産インナーキットのみ使用して9000km

前回の車検時に国産インナーキットのみ使用した車両です。 この2年間雨にも打たれる事も塩カル撒かれた道も走られた事もあるようです。 普通に使用され、時にはイベントに高速道路を数百キロ走られたりと過保護ではない調子いい500では一般的な条件下ですかね。 9000km走られたブレーキはダストはそこそこありますが、問題の国産イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキ最上級セット

ブレーキのフルメッキバージョン+国産インナーキット+ステンメッシュホースの最上級セットです♪ この中でもはや輸入品をそのまま使ってる物は無いくらいひとつひとつ手間と工夫を盛り込んだ組み合わせでございます。 これ以外にもブレーキシューやドラムまで交換するブレーキパーツはありますが今回は段階を経てこれらのパーツの交換で進めて行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐ろしいサビ

ブレーキのホイールシリンダーのブーツをめくったところです。 恐ろしいくらいサビて土が入ったのか?と思える状況で・・・。 初めて触らせて頂く車両ですがここまで錆びてるホイールシリンダーは凄いです。 丸ごと交換しかありませんね~ しっかり復帰させましょう♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロント廻り完全リフレッシュ

フロント廻りの完全リフレッシュです。 オートマイスターオリジナルのローダウンリーフスプリングは一番高い車高バージョンのセットアップでノーマルよりはやや低いものの、ローダウンしてると言われなければこれが基本か?くらいを目指して仕上げてみました。 ブレーキもフルメッキ+国産インナーの最上級バージョンにてドラムも新品を使用します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキリザーブタンク崩壊

ブレーキのリザーブタンクにヒビが入っていてフルードがほんの僅かだけしか残っていませんでした。 外そうと触ると簡単にバキバキと崩壊しました(笑) もう少し早くに気付けばよかったですね~ 500とは違い漏れても雨水の流れるルートでしたので被害は最小でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改良ディスクブレーキ

500用ディスクブレーキは元がA112用と言うだけあって設計が古くキャリパー&ホルダーが大きくて重いです。 ディスクブレーキの性能はキャリパーが1ピストンか対向ピストンかなどキャリパーが目立ちがちですが、それよりも何よりもローター径が大きいほうが有利♪ しかし古い設計の大きく重たいキャリパーでは大きいローター径にはホイールが使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスクブレーキとスチールホイール

かなり昔から手に入った500用フロントディスクブレーキキットはアウトビアンキA112用をローター径小さく加工してキャリパー、キャリパーホルダーも一部カットするなど加工して12インチホイールに使えるように海外で売られておりました。 今回500R用スチールホイールに当てがってみるとホイール裏側のリブにガッツリ当たるのでこの組み合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスターシリンダー

初めて触らせて頂く車両の多くはホイールシリンダーよりマスターシリンダーがサビサビで、もうすでに漏れている。。。のを良く見掛けます。 ホイールシリンダーは前回の車検の時に替えてるっぽいのにマスターは何故交換しないのか? その時漏れてないから? 車検はその時漏れて無ければ問題無く通ります。明日漏れるくらいでもその時漏れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスターシリンダー液漏れ

マスターシリンダーからの液漏れは室内側に流れ出ますから、ブレーキ末端タイヤ裏からの液漏れが無いのにわからないままブレーキフルードが減るという現象はマスターシリンダーから室内に漏れてるかも知れませんよ。 ご存知のようにブレーキフルードは塗装を侵して尚且つ水分を呼びますから錆びやすいので、要注意です! 今回のマスターシリンダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も国産インナーキット

ブレーキパーツのインナーは今年も国産インナーキットです♪ ゴムの品質は輸入品パーツとは比べられないくらいレベルの違いですから(笑) やはり日本車のゴムパーツは違います♪ またこれらは今後本来のノーマルにも簡単に戻せるようにインナー以外は無加工で使用出来るようになっております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロントブレーキドラムバックプレートのスタッドボルト交換

フロントブレーキのバックプレートのスタッドボルトはよく痛んでいますね~ 錆びて緩める時に痛んでそのまま無理に締めるからでしょうか? 痩せて伸びたボルトは使用不可と判断しないとイケません。 チョンと切って穴を開ければしっかり補修出来ます。 ここはブレーキですが、構造上特別強度の要る箇所ではありません。 通常のボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more