ベアリング付近の不良

画像
オルタネータからの異音でのトラブルです。

結論から言うとファンがガタついてアイドリング付近でバタバタと結構気になる音が出ると言うものです。
しかしナットは緩んでおりません。

距離は数万キロ乗られているのでベアリングはそろそろ寿命が近い状態ではありますが、私の感覚だと本来はまだまだ使えた筈なのになぜシャフトにまでダメージが?

新品部品とじっくり比べて採寸したり形状みたり…

まぁ原因は解明しました。

なんとか改善策を講じて新品を使って復活させます。
しかし根本的な部分はパーツの材質や精度の問題があり、ここは簡単にはどうにもなりませんね~

またまた課題が見つかりました。

ファンまで同軸に縛られてしょっちゅう四、五千回転回され(エンジン回転より多く回る)続けてるオルタネータはなかなか無いので、寿命が短いのはある程度仕方ないですが、もう少し改善策はある筈♪

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック