ローダウンスプリングの比較

画像


こちらは輸入品ローダウンスプリングでのローダウン状態です。10数年前のパーツで品質的には問題ないもので、私自身もカメロンパン号にて長年愛用していたものと同じ造り、モノだと思います。

これしかない。と言う事でずっと私も使っていましたが、不満点は走行中の伸び側の軽さとストロークです。

バンプラバーだけでは縮み側しか制御出来ず、ショックで超ショート加工でもしない限り自由に伸びちゃうのでコーナーリング時などのロール大や高速走行時の僅かなわだちでのフラフラ感が不満でした。


斜め前から見ると

画像


輸入品ローダウンスプリング(ノーマルと比べて両端ブッシュ逆曲げ)ノーマルスプリングよりフロントトレッドが狭くなりより不安定感が増したように思います。


そこで、6本の試作品を経て完成した2種類のオートマイスターオリジナルローダウンスプリングのこちらは車高の高い方。(下の写真左側の反りの少ないスプリング)

画像


ブッシュはノーマルと同じ側にし、バネレートを大きく上げるため5枚の板厚をすべて少し厚いバネ材で製作し、かつ装着時フラット(より車高の低いバージョンは逆反り)になる設定でロット生産しております。

ボディとの間のスペーサーで細やかな車高調整も可能です。(まっすぐなスプリングなので脱着が容易です)

しかもショックをショート加工しなくても板バネ自体がそれ以上逆には伸びないので適度なショートストロークサスにもなります。

画像


アッパーアームは板バネと平行になるようにボディ側取り付け位置を変更するとサスの上下動でハンドルが取られたり不安定な挙動はさらに無くなります。

この車両は以前の輸入品スプリングと車高を同じにするべく、ボディとリーフの間のアルミスペーサーは110型をさらに5mmほど薄く削ってあります。バンプラバーも車を置いた状態で必要ストローク分(お勧めは硬いバネのおかげで5~8mm)を確保するようにカッターナイフなどで加工して装着します。

画像


車高は以前とほぼ同じに出来ました。

画像


トレッド幅は10~15mm広がります。写真上の方の以前の状態と僅かですがフェンダーとの位置関係が変わったと思います。

この僅かな違いが乗り心地に大きく左右します。

長年乗ってるオーナーほど違いをよくご理解頂いております♪

20年以上15万キロ以上乗りまわしてどうしても欲しかった(自分が)リーフスプリングが自分設計で作れてそれを使用して違いを体感出来て実際それを乗りまわしてる♪

こんな幸せなことはありません。ここまでの道のりは大変でしたが、この良さを興味のある方にはおすそわけしたいと言う事でパーツ販売もさせていただいております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック