ブレーキパーツフルメッキ準備完了

画像
ブレーキパーツの錆やすい鋳鉄のケースやブリーダープラグなどをフルメッキ処理する準備が完了です。

一度にたくさんは無理なので定期的にちょこちょこと専門メッキ業者にお願いしております。

このメッキはクロームやネジ類にするメッキとは少し違う内部や内側も均一に掛かる無電解ニッケルメッキであり一昔前なら少し高級な(普通車以上)ブレーキにはとっくに採用されているものでした。

これで国産インナーキットと組み合わせれば廃車までブレーキを開けたこと無かったなんて平成初期のトヨタ車に限りなく近付いたのでは?と費用が許されれば採用しております~♪

まぁ絶対に錆無いなんて無理ですが、鉄剥き出しより圧倒的に錆難い準備は良いと思います~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

onboroALFA
2014年07月18日 19:21
これはスグレモノですね~
ジュリアのも作って欲しいですw
カメロンパン
2014年08月01日 23:51
>onboroALFAさん
これ良いですよ~~^^
ジュリアのキャリパーは錆びますからね^^FIATのはアルミが多いんですが、ジュリアの鉄はやっぱり丈夫さでしょうかね~~^^

この記事へのトラックバック