この10日間

画像
この10日間で1700km走りました。富士のイベントと知多のポーリです。

道中ははっきり言いまして古い車でこんなペースで走っていいの?と言うくらいで走ってラドタピアのオイルの変化などを過酷な走行で確認しながら走りました。

他の白いナンバープレートの車と全く変わらない!?いや、ほとんど追い抜いて(笑)の走り方なので(カメロンパン号の目指すところである現代の普通車)いくら排気量を大きくしてもミッションのファイナルを変えようとも小さなボディの500には過酷には変わりありません。

登り坂ほどその過酷なテストが一段と発揮されます。
過酷な走行をすると相性の良くないオイルは数百キロで本来の性能から格段に悪くなり、特に登り坂でのパワーが無くなってきます。
以前はNUTECのUWブレンドオイルで抜群の結果は確認しましたが、今回のラドタピア10W-60も名阪国道のキツイ登り坂を全くパワーダウンすることなく延々右車線で楽しませていただきました。(笑)

オイルの消費も1700kmで200cc以下ほど(これはヘッドの新たなシール付きバルブステムの効果が大きいと思います。)で色もあまり変化が無いと言うことはブローバイも少なく済んでいると言うことですね。普通にのんびりドライブしていたらもっと良くなるのは間違いないでしょう。

距離を乗りながらの過酷テストは今後の500のメンテナンスにも大いに役に立つことが多いです。また、今年はエンジンのさらなるテストのためにサーキットも走る予定ですが、もともと非力な車にはサーキット走行はエンジン以外は意外と安全で楽だったりします。高速道路の長距離移動ほど過酷なテストに最適な場所はありませんね。しかもまだ安全!?な速度の範囲内で(笑)

まだまだテストすることは出てきますがドライブ兼ねてがんばります(^O^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック