カメロンパン号(その2)

カメロンパン号の基本コンセプトは見た目はパッと見でノーマル風。知らない人が見たら特にノーマルと言っても違和感無いレベルにしておくこと。特にこだわりはありませんが、パッと見ですごい改造してますね~とは見えない風にしておこうくらいです。

しかし使い方は僕自身のファーストカーなので普段も買い物もドライブも雨の日も活躍してます。なのでより使いやすく現代の車と近い感覚で乗れるように工夫を凝らし、いいものは採用する。要らないものはあきらめる(笑)

距離もそこそこ走るのでなるべくワンオフのような改造や改良はせず、今後も修理や調整が出来るようにがいちばんのポイントです。

仕事でお客様の500を修理するに当たっても、使う部品はなるべく自分の車でテストしてある一定レベルの自分なりの基準を満たしたものしか使わないようにしています。ですので最近は実験車両のようになってますね。

最近では

画像


去年の真夏に鹿児島県(池田湖湖畔にて)まで走って真夏のロングランをしてみたり

画像


今年の正月には富山県(五箇山にて)の合掌集落まで真冬のロングラン(もちろんスタッドレスタイヤにて)をしてみたり

それぞれオイルの粘度や外気温の始動性、油温と熱ダレ具合などてすとするのも目的だったり。

そんなこんなで南は鹿児島。北は・・・

画像


福島県まで磐梯山を拝見させていただきました。

この数年はエンジンもいろいろ試しながら、燃費やパワー、そして耐久性。バルブサイズの大小でどう変わるか、燃焼室の広さの違いでどのような変化が出るか、キャブの違いだけではどう変わるか、マフラーの違いでどうトルクに変化がでるかなども試してるので次はエンジンの遍歴についてを紹介いたします~

その3へ つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック